セネガルのガラス絵皿

セネガルのアーティスト達が描くスウェールと呼ばれるガラスの絵皿のご紹介です。特徴としては、人物や日常モチーフが多いと言われています。一見「お皿に絵が描いてあるのね。」で終わりがちなのですが、こちらのお皿、実は裏側に絵が描かれているのです。ということは・・?鏡のように、反対に絵が描かれているんじゃありませんか!!ちょっと感動した私です(笑)

イラストもおちゃめでかわいいですよね。民族衣装の色や模様もかわいい!みなさんはどこに目がいきますか?どんな人が描いているのかな?結構作者さんに似ていたりして・・・それとも家族や甥っ子・姪っ子をモデルにしてるのかな?
色々と想像が膨らみます。そして目元をよく見てみて下さい。アイシャドウをしているんですよ。なので女性です。

こちらの女性は、両手に花束らしきものを持っていますね。ピアスやバングルも同系色でお洒落♪アフリカの女性は発色の良いスカートやワンピース・チュニックを着ているので、色のセンスは抜群な気がします。少し話がそれますが、数年前横浜でアフリカンフェスティバルというイベントに行きました。屋台も雑貨屋さんもたくさん出店していましたが、そこでの第一印象は、みんな笑ってる。でした。ごはん屋さんからも笑い。ビール売り場からも笑い。なんだーこのイベントは、ワクワクする!アフリカの雑貨や布から伝わるパワーは人から来てるんだなーと思いました。そういった方たちが作ってると思うと、こっちもワクワクしてきちゃう。←話戻ります(笑)用途はさまざまですが、楽しくなる事、ワクワクする事に結びついて欲しいなと思いました。この絵かわいいね。今日は顔が見たいから、半分だけ何か置こうかな・・・とか。今日は友達が来るから一面にお菓子だな。顔が隠れちゃうけどごめんよ。なんて(笑)生活の中でも楽しさと笑い。忘れちゃいけない、繊細な手作業の裏面をじっくりと。。。ひとつの絵皿から生まれる「勝手妄想ストーリー」皆さんもいかがですか??

2019-03-20|タグ: ,
関連記事