蓮の植え替え

毎年恒例の蓮の植え替えシーズンがやってきました。昨年はソメイヨシノの開花が3月だったので、調子に乗りはじめて3月末に植え替えをしてしまったからなのか・・・。蕾が1つしか着きませんでした。2006年からはじめてこんな事ははじめてです。そんな経験をしてしまったので、今年は慎重に・・・
3月に開花宣言がでても、心の中では「いかんいかん慎重に」と唱えながら(笑)4月最初の晴れた休日に作業を開始しました。蓮は9月以降はシーズンオフになる為、鉢も完全に放置で秋・冬を越し、4月まできます。なので見た目は完全にシーズンオフ状態です。(蓮の植替えTOPにある画像がそれです)

3つ鉢がありましたが、1つは完全にだめになってしまった鉢なので、今年はこれ以上増やすことは止めて蓮の植え替えは2つにしました。ひっくり返していい状態のレンコンを探します。見た目から想像する通りの臭いです。

蓮を始めて育てた時は、既にポット苗のような状態で購入しました。まー立派なレンコン。翌年からは自分から育てたのですが、びっくりするくらい小さいので驚き!!まず最初から育てることはできるのだろうか・・・?と不安にもなりましたが、みなさんその不安は最初に必ず通る道らしく、絶対にレンコンから育てたくなりますよーの気持ちが良くわかりました(笑)

鉢も綺麗に洗い、周りに生えていた雑草も綺麗に採りました。勝手に土に感謝とか思って掃除している自分・・・^^

あ。よりにもよって真ん中に足跡が・・・

年々鉢が重く感じます。あの頃は若かったな〜と振り返り、翌日の筋肉痛をイメージしました。これ以上増やせない理由はそこにもあり・・??

赤玉土と腐葉土、私は毎回、荒木田土と腐葉土に赤玉土少々を入れ、粘り気が出るまで捏ねます。こねるこねるよーどこまでも♪鉢の下には肥料を入れて植え替えします。最後に入水〜。これがなんだか神々しくて好きな瞬間です。

本来ならこのままで終了なのですが、カラスや鳩が来るので落ち着くまではネットを被せて終了!!

蓮は大きな立葉や花弁、種etc…素敵な部分が沢山あります。普段なら開花というシーンにしか目がいかない物が、こうして、鉢から目を配り、掃除をし管理をする。←この管理!茎についたアブラムシや、鳩のおしっこ。もう慣れました。最初は牛乳を入れてアブラムシ退治をしていましたが、牛乳ももったいないので、素手で水でびゅーっと洗い流します、これが一番簡単(笑)これ以上に愛情かけた花はないかもしれないなとたまに思います。すべてが「愛おしい」とはこういうことなのねーなんてまた吹き出しマークのように色々と妄想をする日々。今回も使わないレンコンがもったいないので、スタンプにしてみました。すぐに腐ってしまうからほんの小さな楽しみ(笑)

2019年。今年はどんな開花になるのか楽しみです。また咲かなかったら・・・
いやいや。そういうマイナスな考えは辞めよう。我が家のハス子さんお楽しみに!

関連記事